HOME > 枇杷光二の経歴

枇杷光二の経歴

私に気づきをくれた青春時代

小学校3年生から野球を始めて、以後、寝ても覚めても野球漬けの日々。リトルリーグ時代にはリーグ優勝し韓国まで遠征に行ったこともあります。もちろん中学でも野球部、野球特待で入学した高校では寮にも入り、甲子園を目指し、日々練習に励みました。

それはいつも通り猛練習に耐えていた高校2年の夏、思いもかけない事件がおこりまし た。当時の野球部の練習風景といえば、「水は飲むな」「走れ」「我慢!我慢!」の「巨人の星」さながら。仲間たちが監督の目を盗んでトイレの水を飲んだり 自己防衛をしてる中、この頃から要領があまり良くなかった私は、監督の言いつけどおり、水分も取らず必死で練習をしていました。昨今では考えられません が・・バットで殴る、蹴るの猛烈なシゴキにも耐えていましたが、もちろん当時はそれが当たり前でした。

そしてある日、練習中に突然意識を失い倒れたのです。脱水症からきたのだと思われま すが、悪いウイルスが脳に入りこみ、炎症を起こしました。脳炎の一種です。4日間、死の淵をさまよいました。この時の記憶は全くありません。家族は医師か ら「今夜がヤマです」「覚悟してください」と告げられていたそうです。奇跡的に一命を取りとめ、意識が戻り、両親・友人・監督・先生、皆が安堵の表情を浮 かべてくれたのは覚えています。

この日を境に、大好きな野球が出来なくなり、「なんで自分だけがこんな目に遭うのだろ う?」「一生懸命やってきただけなのに」自問自答の日々が続きました。それでも少しずつ体が回復していって、リハビリをし、練習に戻ってみようという状態 まで回復できたのが3年生の春先でした。しかし、努力はしてみたものの、半年間のブランクと倒れた時のトラウマが重なり思うように体が動きません。「野球 を続けていく自信がない」と初めて弱音を吐きました。

その時、悩みを打ち明けた担任の先生に「辞めたあとはどうするんだ?」ときかれまし た。「辞めたら勉強を一生懸命にします」と言いました。監督には野球が好きならマネージャーでもいいか続ける方法はあるんだと教えて頂きましたが、1週間 悩んだ末、心配する両親や色んなことを考え、 9 年間の野球生活にピリオドを打つことを決めました。

3年生の5月以降は就職活動も視野に入れながら勉強に打ち込みました。野球で生きてきた僕にとって勉強にはかなりの努力が必要でしたが、とにかく頑張りました。その甲斐があって、クラスで1位2位を争うところまで成績 UP でき、野球は途中で挫折したけど

勉強のほうで学校推薦がもらえるようになりました。クラスメイトと頑張って完全皆勤賞 も取りました。(1年間、クラスの誰ひとり休んだり・遅刻・早退をしないこと)。先生との約束を守れた達成感や、仲間と助け合う気持ちや励まし頑張りあう こと。一緒に頑張ったクラスメイトや、今でも自分を認めてくれ励ましてくれる野球部の大切な仲間たち。
波乱万丈あったけど、かけがえのない青春時代が送れました。
卒業の時、担任の先生から、「お前は商売人の子だから、あらゆる可能性にかけてみろ」との言葉をいただきました。色んな体験と気づき、チャレンジ精神をくれたこの学生時代の色んな出会いにただただ感謝です。

最後にもうひとつ先生がかけてくれたことば「継続は力なり」。いまでも心に刻み日々、頑張っています。

生死の境をさまよった経験から・・・

088652559691ea5dcb27a78137892f3b
高校時代、野球の特待で高校に入学し甲子園を目指しました。
しかし、3年の夏、練習中に倒れ、3日間意識不明の重体に。
生死の境をさまよいました。
奇跡的に生還を果たし、「死ぬ気でやれば何でもできる」
あきらめない精神を身につけました。

父と母の営む「和光ガラスアルミセンター」を手伝うために、
卒業後すぐに、アルミサッシ・エクステリアの会社へ就職し、
3年間親方に付いて修行をしました。

「おさめきれない現場は無い」というほど
構造物に詳しくなりました。
のちに、ガーデンルームという、アルミとガラスでできた
構造物と出会いました。

私がガーデンルームに強くなったのは、
この時の経験が活かされているのです。

ガーデン&エクステリアで、人・地域・暮らしを輝かせる

その後、エクステリア&ガーデンの仕事に従事し、お客様の最高の笑顔と出会う経験をしました。
強みである「ガーデンルーム」とお庭の融合。アルミエクステリアと植物の融合。
「生活が変わった!暮らしが変わった!」お客様の最高の笑顔と、
ありがとうの声を直接聞くことのできるこの仕事にとてもやりがいを感じています。

プライベートでは家族ができて、守るものができました。
家族を養うために、ガラス・サッシの下請け業から脱却することで、
低価格・スピードのみが問われる毎日から、お客様の笑顔にも出会える毎日へとシフトしました。
シフトするにあたっては、数々の勉強を含め、大変な事が目白押しでしたが、
一度死にかけた人生、なんとか頑張って花を咲かせたいという強い気持ちと、
職人として現場をこなしてきた自信が自分を突き動かしました。
施工コンクールで全国トップクラスの賞を連続で獲得させていただきました事も、
その積み重ねの結果だと思っています。

庭づくりで人と地域をつなぐ

f0a124163cd59312d32ca94b43ba86e0
お客様からは、素敵なお庭を手掛けさせていただき、
たくさんのありがとうを言って頂いて、
庭を楽しみ植物を育て、現在進行形で庭づくりを
一緒に楽しませていただいております。

これからも「お庭を楽しむこと」「家族で楽しむこと」を
提案していきたいと思っております。
お庭は作った時が「終わり」ではなく、お庭を作った時が「始まり」。
木が育ち、花が育ち、お客様がどんどん輝いていく姿に触れ、
家族が仲良くなり、人が集まり、地域がキラキラ輝く。そんな素敵な循環を広げていきたいのです。

最後に、私の両親は、「和光」の1文字を取って、私に「光二」という名前をつけてくれました。
「世の中に光を与え続ける人になってほしい」そういう願いも込められているそうです。

そして私は、父の築いた「和光」の名前を次世代まで
しっかりと残していきたいという思いと、「光二」(自分自身)、
2つの光で地域を輝かせたいという思いを込めて、会社名を私の名前を反対にして「二光」と名付けました。
枇杷光二2
私は今の仕事で、お客様の優しさや家族が輝く姿、
たくさんの笑顔を知ることができました。
そんなお客様・家族・地域に恩返しができるように、
そしてこれからもますますお客様・家族・地域が
輝いていけるように、努力していきたいと思います。
  • イベント&相談会開催
  • シャイニーガーデンまでのアクセスルート案内
  • スタッフブログ

CONTENTS

営業エリア

宗像市、福津市、古賀市、
新宮町、遠賀郡岡垣町

宗像市、福津市、古賀市、
新宮町、遠賀郡岡垣町

MESSAGE

枇杷光二

代表取締役 枇杷光二

シャイニーガーデン 株式会社二光のホームページに御訪問頂きまして、ありがとうございます。
私は、「ガーデンエクステリアで人、地域、暮らしを輝かせる」そして繋ぐ懸け橋になる事が自身の使命と考えています。
「庭」で過ごす時間を大切にし、地域に元気を、家族を輝かせるコトNO1プロデューサーとして、家族の輝くオンリーワンの庭づくりを御手伝いします。

枇杷光二プロフィール

  • 家族が輝く庭づくり動画でご紹介
  • facebook
  • instagram
  • いろ庭
  • ライン@
  • 一般社団法人日本ガーデンセラピー協会
ページTOPへ